文学派のあなたに

『老人と海』などで名高い、文豪アーネスト・ヘミングウェイは、1940年から1960年の20年間にわたってキューバで過ごしました。『誰がために鐘は鳴る』はホテル・アンボス・ムンドスで執筆されました。 キューバの人々と自然に魅了された一人の作家の足跡を追って、思索の軌跡を感じてみてください。
小説『老人と海』に思いを馳せながら、海に出てみるのも気持ちがいいでしょう。

「ヘミングウェイの常宿
ホテル・アンボス・ムンドス」

「ヘミングウェイ行きつけのレストラン、フロリディータ、ボデギータ・デル・メディオ」

「ヘミングウェイ博物館」

「『老人と海』の舞台、港町コヒマル」

「レストラン・テラサ」